オンナは自分の性器を神殿にするべし。

こんにちは百花繚乱プロジェクトリーダー辰海由季です。

わたし、アマナの池本千有さんの大人のための性教育講座というものに前出て衝撃受けたんスが……

自分の性器を手入れして愛せって教えられたのです。

もうびっくりしたわたし。

化粧水つけて顔と同じように手入れしろって。

どゆこと?って。

どゆこと?って。

詳しくは彼女の協会の講師に聞いて頂けたらいいかとおもうのだけど、わたしびっくりしたけどまぁ素直なんでそれはやり始めたよね。

ほんでさ。

はるちゃんが

オンナの顔はその女性の女性器がそのまま外に出てるだけ

って書いてて。

思わずヤフオクで覆面探したっつの。恥ずかしさに。

晒してたかー!!!

晒してたか性器ーーーー!!

つって。

でも今更気づいてもアフターフェスティバル、あとの祭りなんでせいぜいいい性器になるように頑張りますけど。

で、こっから本当にわたしの独断と偏見とただの面白半分で書くんだけど、わたしこれらを踏まえて

女性の性器よ、神殿であれ

と思うようになりました。

(まさに花園写真)

女性の性器を神殿にするってどういうことか。

女性って寂しさで男性と寝ることあるし、そこにつけ込むのもいると思うんです。

そして女性は寂しさも不安も破壊情動もあるから女性であり、美しく可愛いわけで、そこに責任を取れるのがいいオンナなのかなとわたしは推測しています。

わたしもあったー。

寂しさとかで寝たこと。

寝るよね。

寝るよ。

穴が空いてんだもん塞ぎたくなる。

ただやっぱりそれでも本当にSNSで不気味なメッセージを送り付けてくるようなオトコや、空気読めないモテないコメントしてくるオトコや、そうじゃなくてもつけ込みオーラを出してくるオトコに股を開いてはいけないと強く訴えたい。

DV、浮気、借金ももってのほか。

その人と一緒にいて少し不幸でいることで自分が何を得ているのかを考えた方がいい。

不幸な自分に酔わない。

機能していない結婚にすがりつくのもそうだけど、不幸でいることで誰かに同情されてメルヘンな乙女を演じてる自分を直視した方がいい。

だし本人にしか正解は分からないし私の友人には不倫で自分を取り戻して性的に開発されて、旦那さんとの関係が良くなった女性もいれば、職業愛人してる大好きな友人もいて、ひとえには言えないのだけどね。

でもそこに奪われているエネルギーが確実にあると思うしわたしはすべての女性に女性らしく華やいで笑っていてほしいのだよ。

自分が自分の一番の親友なんだから、その親友に人生を妥協させてること、オンナとして聖域に不埒な輩を受け入れている自分を見た方がいい。

だってさ。

そもそもそういうオトコの種は子孫として残しちゃダメじゃない!!!!

前も言ったけどラブドールがこんだけ立派に開発されてるんだからそんな輩にはお歳暮、御中元に送ってさしあげたい!!!!

そんな輩はカスだから燃えるゴミの日に出したらよく燃えるわよ!!

全くの偏見だけどわたしはそう思う。

ほんで、オンナの性器は自分に見合ったエネルギーや性質をもつ男性しか入れない聖域にしようよと。

これは女性攘夷とか男性をないがしろにする考えとかじゃなくて、女性が自分を大切にするってそういう事じゃないかと思います。

百花繚乱的オーガズムと痛点。

自分に失礼な態度をする輩には何人たりとも受け入れない毅然さが自分を大切にするということの一つじゃないかなとおもうの。

自分の快、不快を感じること。

不快なチン☆は入れないこと。

間違っても後から正解にすればいいんだよ。

だからどんなオトコと寝ちまってもいいんだけどさもちろん。

自分の好き、嫌い、を人の常識、親の価値観で考えずに自分の感性で感じられたら幸せだよね。

すべての女性が自分を神殿だと思い、自分と愛し合える世界、いいよね~

わたしたちは百花繚乱プロジェクトを通してそういう女性の女性たる感性を刺激して解き放ちたくて開催してます。

ちなみに女性の感受性が花開くツールとして

ペトラトゥロミウのふんどしぱんつを使うこと

エロスの女神みかりんや上記の池本千有さんのイベントや協会に参加して肉体的オーガズムや女性の性のことについて詳しく学ぶこと

などもぜひ推奨したい。

わたし1人では無理だけどいろんな人たちがそれぞれに自分の好きなことを追求してそれが女性たちの感受性を取り戻させるためになる。

それぞれが好きをたくさんやっていたらいつの間にかみんなのためなになっている。

そういう世界が好き。

それがわたしのオーガズム。

ペトラトゥロミウのふんどしパンツもみかりんや池本千有さんも私が本当にいいなぁとおもったのでオススメしてます(*’ε`*)チュッチュ

女性たちよ。

感じよう。

◆次回開催◆

お申し込み、詳細はこちらから

お申し込み後のキャンセルは理由如何を問わず一切承っておりません。

よくお考えの上お申し込みください。

[カメラマン 三宅みき

ヘアメイク Asako]

[百花繚乱プロジェクト~女性のためのセミヌード撮影会]

百花繚乱プロジェクト 写真館

百花繚乱プロジェクト 参加後の人生の変化

百花繚乱プロジェクトのサービスとセキュリティ