撮影を終えて、いただいたご感想をあげていきますね。


まずは8ヶ月の妊婦さんから。


撮影に向けてのコミュニケーション中こころの揺れ動きがたくさんあったようでその様子を感想メールでいただきました。

アメブロはこちらから



いろんなことが重なってのことなので、どこまでが百花繚乱プロジェクトによるものなのかは分かんないのですが、私にとっては、ただたんにセミヌードを撮る、ということ以上の、いろんな変化と気づきと癒しが詰まった約一ヶ月がありました。


ほのちゃんが(お腹の赤ちゃん)、数あるマタニティフォトを撮る手段の中から、なぜ由季さんのとこのプロジェクトを選んだのか、その意味が少しわかった気がします。


(嬉しかったことについての感想をいただきました。)


○リスク管理として、由季さんが近くの病院にわざわざ電話をして、当日なにかあったときに受け入れ可能か聞いてくださったこと。(とても嬉しかったです。)


○電話にて由季さんが個人的に丁寧にどうしたいかなどの思いを聞いてくださったこと。(どうしたいかのビジョンがはっきり定まりました)


○のぞみさんとの事前打ち合わせにて、のぞみさんが丁寧に聞き取りをしてくださり、さすがプロ、というアイディアをたくさんくださったこと。(すごく安心したし、期待感が高まりました)


○当日真紀さんが甘皮の処理からしてくださったこと(ただネイル塗るだけだったと思ってたので、爪のお手入れしてもらえて嬉しかったです)


○それに加え、自宅でのネイルケアの仕方も教えてくださったこと


○みゆきさんが当日、言葉では言い表せない様々な気配りをしてくださったこと


○のぞみさんがメイクだけでなく、髪のお手入れ、パックやマッサージまでしてくださったこと(とても気持ちよかったです)


○私がなにも小道具を用意していなかったのに、真紀さんとのぞみさんが機転を利かせてカーテンを外して下に敷いてマットがわりにしてくださったこと

(荷物の持ち運びは条件的に厳しかったので、あるもので雰囲気作ってくださり、本当に助かりました)


○カメラマンさんがポーズの提案、立ち位置などすべて決めてくださったこと(ほぼノープランだったのでほんとに助かりました)


○カメラマンさんがその都度仕上がりを見せてくださり、最後に取り残したポーズはないか聞いてくださったこと。


○当日の夜に真紀さんがメッセンジャーでネイルの上手な落とし方を教えてくださったこと。(アフターケアまで完璧で、嬉しい驚きでした)

撮影 miyograghy メイク 石塚のぞみ




とのことでした。

ありがとうございました♪





Android携帯からの投稿